丸山湿原群保全の会

湿原群合計面積は約3,900㎡。その中に確認された動植物の出現数は動物89種、植物153 種におよびます。
 植物群落タイプはイヌノハナヒゲ群集、ヌマガヤ群落、イヌツゲ・オオミズゴケ群落で、面積・出現植物数と共に県下一と言われています。
私たちはこの丸山湿原の貴重な自然と生態系を保護し、後世に引き継ぐために、地域内外の住民や学識者および行政と連携・協働して保全活動を行っています。

 


 

入会方法

年会費 2000円 月2回の基本活動
(四季折々の里山・湿原が観察できます 時々色々なガイド付き)
学術調査のお手伝い(神戸大学中心)
サギソウモニタリング調査優先参加この時は身近に花を見られます)
雑木処理(木を伐採できます→要スキル)
アイデア次第で無限の可能性があなたに!

 
 

会について

設立:平成9年4月  

代表:今住悦昌

 活動内容 :保全(地域との協働作業)、湿原内のササ類、木本類の刈り取り作業 (刈り取ったササ類、木本類は湿原外に運び出します)   ・巡回監視(月2回実施)・来訪者人数確認・水温、気温調査・水質調査(電気伝導度)・周辺地下水位調査(研究協力)

 

直近活動報告