見た目は怖い?けど、優しいおじさん達です いろいろなイベントもやってます ブログもチェックしてください

活動レポート更新しています!
川西里山クラブの活動は 川西里山クラブブログ で!

▼活動レポート               ▼イベント               ▼クラブ紹介

川西里山クラブの概要

川西市主催による森林ボランティア講座が平成16年から開催され
その受講生(1・2期生)によりクラブ発足されました。(平成17年4月設立)

<川西里山クラブ設立趣旨(設立計画書よりの抜粋)>

・里山現状
 川西市は市域の約40%、2,100haが森林であり、この街の住人である私たちは
この豊かな緑を守ってゆくことが責務であると考えます。また、市北部は古くから
茶の湯専用の高級炭として知られる一庫炭の生産地として、その原木となるクヌギを
数百年にわたって植え続けてきました。
 そのため、日本有数の里山としての評価が高まり、この度、環境省から国内の
「里地里山保全再生モデル事業実施地域」に選定されました。
 ところが、このような歴史ある川西市の森林の現状は全国の里山と同様、
ほとんど管理されていないのがその実態です。
 

・森林ボランティア講座受講生によるクラブ発足
 幸いなことに、私たちは川西市及び林業研究会及び山下古城山管理委員会などの
関係者の支援を得て、過去1年間にわたって森林ボランティア講座を受講した結果、
森に対する理解をさらに深めることができました。また、山下古城山の南側斜面を
活動地として提供していただくことになり、その活動をさらに具体化することが
できる段階に達し、川西里山クラブを立ち上げました。

森林ボランティアとは「森林所有者との森林整備の方法について契約し、契約に
基づいて自主的に森林整備を進める市民及び市民グループ」と定義されています。
しかし、私たち森林ボランティアのみでこの広大な川西の森を維持管理できるとは
到底思えません。私たちの活動を通じて、市民をはじめ、あらゆる関係者の方々が
森の大切さを認識し、その保全活動に対する理解をさらに高めていただければ、
必ず、森は守られると信じています。
その意味で、私たちはこれを機会にさらなる森林ボランティア活動の飛躍を目指して、
自主的に活動すべく、森林ボランティア団体をスタートさせたいと考えます。
(平成17年3月16日(水)設立総会開催)

・川西里山クラブの目指すもの

豊かな川西の森の再生を通じて「市民と森との共生」を目指します。
活動指針
①森林などの自然環境の維持・保全
② 森林を通じての歴史・文化の伝承
③里山林の整備
④森で学び、遊び、地域とふれあい、健康を維持すること
⑤その他前項目の目的達成に関すること
 
・森を伝える
 川西の森の現状をあらゆる機会を通じて、市民の皆さんに伝えることを行います。
この他所にはない魅力的な歴史と文化の森を知ってもらうことにより、より多くの
サポーターの方々の参加を期待できると信じています。また、子供たちとの交流も
積極的に行います。次世代を担う子供たちが森へ親しむ体験をすることは、
必ず川西の森を守り続けてくれることと期待しています。
森を楽しむ
 森林管理の作業は体力的に厳しいものがあるのも事実です。しかし、森は私たちの
心身を癒してくれるのもまた事実です。新しい草花の発見、野鳥・虫たちとの語らい、
そして何よりも作業を終えた森から明るい陽光とともに受け取る快い満足感は他のもの
に変えられない心地よさです。また、切った木を利用しての、薪づくり、しいたけ栽培、
クラフト作りなども楽しみの一つです。

クラブの年間活動

・春:エドヒガン調査、里山体験学習
・夏:下刈り
・秋:黒川里山まつり、里山散策会、里山体験学習、間伐
・冬:間伐