ブイブイの森公園について

「ブイブイの森」は三田市の南部、フラワータウンに位置する約 15ha の里山林を有する南公園のこと。
市民投票により「ブイブイの森」という愛称となりました。
コナ
ラやアベマキなど落葉高木で広く覆われ、生物多様性を保全する重要な場所として三田版レッドデータブックでは B ランクに指定されています。
地域に潤いを与え、自然と共生するまちづくりを進める上で欠かせない「まちなかの里山林」ですが、手入れが行き届かなくなった事により照葉樹やササ、タケなどの面積が拡大。里山林としての価値が損なわれつつあったものを整備しようと活動が始まりました。

 

クラブについて

三田市の「まちなか里山公園整備方針」に賛同し、里山公園を住民と共に整備することを目的としたクラブです。
より良い自然環境の保持・増進を行い、まちなか里山林が有する多面的価値を図ります。市民・子供たちの環境学習を支援し、生物多様性の理解を深めてもらえるよう公園内をゾーン設定し、多面的(棚田跡保全、竹林整備保全、池と森との創造、調和等)公園に整備していきたいと考えています。

 

 
団体名

ブイブイの森クラブ

設立

平成29年4月1日

組織

代表:高木 正春 事務局:中井 淑雄 会員30名

主な活動日

第1、第4土曜日 第2、第3金曜日  9:00~1200

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

ナラ枯れ防止⇒カシナガトラップ設置・捕獲調査

 

活動地 三田市ブイブイの森(南公園)
 
ブイブイの森は北摂里山博物館の「北摂里山30」のひとつです。

活動地 三田市ブイブイの森公園(南公園)
 
神戸電鉄横山駅から徒歩約10分(駐車場なし)

2018.8.10NHK取材

2017.10.25セミナー

里山は
人が歩ける環境を整えれば、里山は見違えるほど美しくなる、その達成感がとても心地よい住民地の近くの薄暗い荒れた里山林も整備をすれば人が気軽に入っていける景観に変わります。それができるのは、里山の周囲の人たちで皆さんの共通の思いだと思います。私たちと一緒に取り組みませんか。
散策道の整備 植生の把握① 植生の把握② 会員による草花の撮影
 
①里山道の整備 
 ・交番口~中央広場
 ・狭間口~展望所
 ・メイン散策道
②同地域の
 ・樹木、竹林伐採
 ・花の小道の整備
③同地域の
 ・休息地確保
 ・草花の保護・整備
 
樹木の伐採⇒常緑樹、ふじ、竹、ササ等の伐採    
草花の植栽および保全
里山道の整備⇒人が行き交いする小道を整備
里山道に休息する所を確保する

2017.10.12三田幼来る


インスタグラム(会員が発信しています)