すでに活動が始まっている場所でも参加者を募集しています!

宝塚市

コミュニティ
ひばり環境部会 
【活動地】コミュニティひばり環境部会
「生物多様性北雲雀きずきの森戦略」に沿って、生物多様性を涵養する整備を行っています。市との協働により、障がい者も身近な自然に親しめる森づくりを目指しています。

【設立】平成7年5月11日

宝塚市

櫻守の会
【活動地】桜の園亦楽山荘、山手台、ゆずり葉の森、青葉台、武庫山の森
武田尾の「亦楽山荘」は1999年宝塚市の里山公園「桜の園」として再出発。この時に行われた山桜植樹会の参加者が中心になり「櫻守の会」が発足しました。「櫻守の会」は宝塚市内5か所で里山整備活動を行うとともに、小学3年生の環境体験学習支援など、その活動は多岐にわたっています。

【設立】平成11年4月17日

宝塚市

宝塚エコネット
【活動地】宝塚市大原野字松尾、宝塚市立宝塚自然の家
宝塚エコネット(通称TEN)は足元から地球規模までの幅広い環境問題を考え、地域の人々と共に行動し、自然を身近に感じられる心和む街づくりを目指しています。「松尾湿原」の保全活動や植生調査活動等に取り組み、見学会も行っています。逆瀬川沿いのホタルの里「ピカピカランド」では周辺小学校児童を招待しホタルの幼虫の放流会等を行ない、美しい宝塚の自然に楽しく触れてもらうような活動を行っています。

【設立】平成14年4月1日

川西市

川西里山クラブ    
【活動地】妙見の森
妙見山の「妙見の森ケーブル」山上のふれあい広場を中心に約40Haのフィールドで自然に親しみながら会員の親睦と健康維持などを目的として里山の保全活動を行っています。1年を通じて観光客も多く訪れる場所であり、里山整備・保全活動を基本として、小学生や一般市民に、いろんなイベントを展開しています。

【設立】平成17年4月1日

川西市

渓のサクラを守る会   
【活動地】水明台エドヒガンの森(市有地)
エドヒガン群落を保護し、生物多様性に富んだ明るい森、小中学生の学習支援など、人と自然が交わる森をつくる為、保護活動を永続する仕組みづくりを心掛けています。安全第一に、手作業主体で活動し汗を流して健康を維持するとともに猪名川の清流回復に努め、地域の信頼を高めつつ、楽しく活動しています。

【設立】平成20年6月19日

川西市

虫生川周辺の自然を守る会  
【活動地】兵庫県川西市清和台東7緑地
虫生川周辺の自然を守り、桜などの良い木を守り自生しているヤブラン等の野草を保護するとともに、ホタルなどの生物を戻し生息地にしたいと願い、生物多様性の維持に努めています。現在はシロバナウンゼンツツジの保護活動も行っています。小学校の環境体験学習も受け入れています。

【設立】平成23年7月1日

川西市

大和フォレストクラブ  
【活動地】大和の森 (大和第2・第3緑地)川西市有地
大和緑地を整理・育成して町の住環境の向上を図ると共に、心のふれあう住みよい地域づくりに貢献したいと考えています。

【設立】平成23年4月1日

川西市

ひとくら森のクラブ  
【活動地】兵庫県立一庫公園
兵庫方式による間伐、ナラ枯れ対策など、一庫公園自然観察の森の保全を図りながら、
炭焼き技術の継承などを含むボランティア活動を行っています。

【設立】平成24年4月1日

川西市

能勢妙見山ブナ守の会    
【活動地】能勢妙見山境内ブナ林『北極星の森』とその周辺
地域の人々に守られ氷河期時代から続くと言われている「妙見山のブナ林」がシカの食害や温暖化により絶滅の危機に瀕しています。私たちはブナを実生苗から保護育成し、植えられる環境を整えて植樹し、何百年後の後世にブナの美しい森を残せるよう取り組んでいます。ブナ林の気持ちの良い空気の中で、一緒に保護活動をしてみませんか。

【設立】平成26年7月18日

三田市

NPO法人SUN座 
【活動地】三田市沢谷地区の旧里山放置林
集落の後背地として生活を支えてきたであろう里山をかつてのように里山の産材(芝、間伐材、竹など)を農業に利用することによって里山を蘇らせたいと思い活動しています。保全活動を継続的に実施することで、近隣のニュータウンの住民にも楽しんでもらえる里地・里山公園を目指しています。

【設立】平成16年4月1日

三田市

ブイブイの森クラブ  

【活動地】三田市ブイブイの森公園(南公園)

三田市の「まちなか里山公園整備方針」に賛同し、ニュータウン内の一角にある15haの里山公園を住民と共に整備しています。自然と人間の共生を図り、より良い自然環境の保持・増進をテーマと考え学習・行動・実践を通じて自然環境の大切さ、豊かな森づくりを推進していくことを目指したクラブです。

【設立】平成29年4月1日

順次追加中です!